家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「ゆき」
 
 
【2009/02/17 19:34】
 
 
シンプルですが、子どもの気持ちがよくわかります。
ゆき(バーニンガムのちいさいえほん 1)ゆき(バーニンガムのちいさいえほん 1)
ジョン・バーニンガム 谷川俊太郎

冨山房 1976-06-01
売り上げランキング : 593219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



雪がふったら、子どもたちは、こんな行動をするでしょうね。

1ページ目
雪がふり、両手をひろげ、まず全身で味わいます。

2ページ目
雪といえば、雪玉作り。見てみて大きいでしょ。

3ページ目
そして、雪だるま。(日本のだるまとは、ちょっと違うけど、まあいいか)
本物のぼうしに、パイプもつけて。

4ページ目
雪を味わうなら、そり。坂道あったら、ばっちり。

5ページ目
坂はないみたい、お母さんにひっぱってもらってる。

6ページ目
そりは、いがいとむずかしい。落ちてしまった。

いろいろ、あったけど、

最後には、「明日も、雪がなくなりませんように」とお願いしながら眠る子ども。

明日は、何して遊ぶのかな。

とっても短い本ですが、子どもの気持ちをずばりと言い当ててる、

いい絵本です。

「ゆき」ジョン・バーニンガム作 谷川俊太郎訳
↑クリックすると、冨山房のホームページに行きます。
 表紙の画像を見ることができます。

関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。