家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「おおきな木のおくりもの」
 
 
【2008/07/15 21:06】
 
 
主人公は、一本のナラの木です

100年か、それ以上たったその木は、森に影を作り、
動物たちに、すみかと、食べ物を与え、落ちた葉は、森の土になりました。

少しずつ少しずつ、虫に食われ、カビやきのこがはえ、木は、腐ってきました。

そして、ある日、ハリケーンにより、倒れてしまいます。

でも、これでおしまいではないのです。

木は倒れても、虫や、動物のすみかになり、

さらに何年もたつと、腐りますが、まだ虫たちのえさになります。

そして、最後には茶色まぼろしのような、土が残りました。

でも、何年か前に落ちたどんぐりがしっかりと育っているのです。

どのページもまるで森にいるような雰囲気の絵が描かれています。

内容は、科学の本のようですが、中身は暖かく、文章も情緒的です。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
【2008/09/14 11:37】 URL | サトシ #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP