家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ぼくにげちゃうよ」
 
 
【2008/01/30 15:29】
 
 
親子のやり取りが楽しい絵本です。

こうさぎが、ある日家を出たくなりました。

そこで、お母さんは、「お前のあとをおいかけていくよ。」という答えから、

こうさぎは、「魚になって泳いでいってしまう」といいます。

おかあさんは、「漁師になってお前をつかまえにいくよ」と答えます。

じゃあ、とこうさぎは、高い山の岩になってしまう、といいます。

そこで、お母さんは、登山家なると答えます。

次には、庭のクロッカスになるこうさぎ、植木屋になるお母さん。

と、次から次へと、こうさぎとお母さんの会話は、続きます。

最後に、こうさぎは、人間の小さな男の子になります。

すると、おかあさんは、その子の母親に。

そこで、こうさぎは、はたと気づきました「なんだ、このままおかあさんのこうさぎで、
いるのとおんなじだあ」


白黒の絵の次に、見開きでカラーの絵があります。

このカラーの絵がとても楽しくて、子どもたちも大好きです。

羽が生えた、こうさぎが、木になったお母さんのところへ飛んでいる絵。

こうさぎの耳を大きなヨットの帆になって、お母さんが風になって吹いている絵。

どれも、すてきです。

まるで、会話で、おいかけっこをしているような楽しい絵本です。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/75-40186208

 
 
 
▲TOP