家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「せんろはつづくよ」
 
 
【2008/01/17 19:29】
 
 
アメリカを、横断するとまさにこんな景色でしょうか。

2台の小さな機関車が西に向かって、出発します。

1台は、最新式で、男の子が乗っています。

もう1台は、小さな機関車で、女の子が、動物たちと乗っています。
煙突からは、くるくるとけむりが出ています。

白い紙の上に、二本の線。
その上に、横線が何本も描かれていて、
長い長い道のりを感じさせます。

最初に丘をくぐります。それは、まるで子どもたちが作った砂の山のようです。
でも、その中は、まっくらなトンネル。

2台は、軽快に旅をつづけます。
ぱふぱふ ちゃぐちゃぐ 西にむかって・・

どのページも、子どもたちにとっては、わくわくする
親しみのわく絵です。

ぱふぱふ ちゃぐちゃぐというなんともリズムのいい
ここちよい言葉とともに、すすみます。

雨がふってきたと思ったら、雪がふってきたり、
風がふき、ほこりがまう(砂漠地帯?)ところを通ったり。
アメリカって、本当に広いんだなあ。

ついたところは、海です。
気持ち良さそうに、海にいる二人を見つめる、2台の機関車。

なんとも、満足できる絵本です。
現在、現地アメリカでは、絵を違う画家さんが描かれていて、
J.シャローの絵は、日本でしか見ることができません。
文と絵があっている、すてきな絵本だと思います。

マーガレット・ワイズブラウンさんが、ご存命のうちに、
画家さんと、練りに練った絵本なので、絶対こちらの絵のほうが、いいと思います。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/72-606b3be8

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。