家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「てぶくろ」
 
 
【2007/12/13 11:30】
 
 
とっても、定番ですが、はずしたくない絵本です。

森で、おじいさんが、手袋を落とします。

そこへ、ねずみが、やってきて、
「ここで、くらすことにするわ」と、言います。

かえるも、やってきて、「わたしもいれて」と、いっしょに入ります。

そして、うさぎ・きつね・おおかみと、いっしょに入ります。

いのししが、来たころには、さすがに、
「もう無理じゃないですか」と、動物たちは、答えます。
しかし、いのししは、「いや、どうしてもはいる」と、はいてしまいます。

くまが、来たときには、
「はじっこにしてくださいよ」と、動物たち。熊も、入ります。

そこへ、手袋を落としたことに気がついたおじいさんが、取りに戻ってくる、というお話です。

動物たちの問答が楽しく、
何度も絵本を読んでもらって、すっかり覚えた子どもたちは、
遊びの中に、取り入れて、楽しみます。

それぞれの動物は、その雰囲気にあった衣装を着ています。
おしゃれぎつねは、ロシアの民族衣装を着ていて、素敵です。

なんといっても、”てぶくろ”が素敵です。
様々な、動物たちすべてを受け入れるその懐の広さ。

中の悪い友達も、敵同士も、
仲良く暮らすことのできる、”てぶくろ”が、今世界には、必要ですね。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/70-e808e933

 
 
 
▲TOP