家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「鬼のうで」
 
 
【2011/02/18 20:39】
 
 
「鬼のうで」復刊しました!

また、いつ無くなるかわからないので、
気になった方は、購入をおすすめします!

以下、2007・11・1の記事です。少し訂正してます。

6年生に読み聞かせした絵本です。
(5年生でも読みましたが、しんとして聞き入っていました)
どんよりと、雨がふりそうで、ふらない天気。
こんな日に、読むと雰囲気が出ます。
鬼のうで鬼のうで
赤羽 末吉

偕成社 1976-01
売り上げランキング : 297941
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在、絶版なのがなんとも、もったいないのですが、
一度は、耳にしたことがあるではないでしょうか?
羅生門で、鬼が捕られた腕を、取り返しにやって来るというお話です。

源頼光(みなもとのらいこう)が酒呑童子を退治に行きます。
ところが、その中の一匹の鬼を取り逃がしてしまいます。

その鬼が、羅生門で女をさらう、その数、百人。
そこで、頼光の家来で、一番強い渡辺綱が鬼退治へ。

羅生門では、なまぬるい風と、ぽつーんと降って、止む雨。
鬼のお出ましかと、身構えるも、待ても待っても出て来ない。
怖気づいたかと、ばかりにからからと、笑う綱。

油断した綱に襲い掛かる鬼、
この場面は、画面いっぱいの鬼の姿が、圧巻です。

しかし綱は、なんとか鬼の腕を切り落とし、持ち帰ろうとするのですが、
このときは、失敗します。
そのあと、頼光が病気になり、鬼のたたりといわれます。
そこで、再び、鬼退治へと出掛けます。

今度は鬼のうでを切り、持ち帰ります。
鬼は、腕を取り返そうと策略を練ります。

人間と鬼との戦いの結末は、いかに。


鬼との知恵比べや、化かしあいなど、おもしろい展開があります。

絵と文は、「スーホーの白い馬」「大工と鬼六」などで有名な、
赤羽末吉です。
鬼六と同じく昔話の絵は、迫力があります。

怖いお話かと思えば、小首をかしげて悩む鬼の姿など、
どこかユーモラスです。

どばっと血をふいた。など生々しい表現もありますが、
鬼を退治するのですから、すっきりとした言葉は、必要です。
三匹のこぶたが、敵の狼と仲良くするお話など、
後味が悪く、いつまでも、引きづるではないですか。(おちおち眠れない)

悪は、悪。すっきり倒さなくては!
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

はじめまして

「悪は、悪。すっきり倒さなくては!」という一文に

なるほど その通りかも と新鮮でした。


我が家では つまが日本や世界の昔話にこだわりをもっています。昔話の残酷とか意味不明な描写には意味がある・・・
子供向けに 現代人の感覚で 安易にソフトにしてはならんそうです(笑)

おかげで かちかちやま だったかでは 
たぬきは お婆さんをだまして柱にしばりつけられたのをほどいてもらい、お婆さんを殺して、たぬき汁ならぬ、ばばあ汁を作って お爺さんが帰ってくるのを待ちます。
 
お爺さんは夜ご飯をおいしくたべて、
たぬき汁をうまいうまい もちのようにやわらかい(肉)と喜びますが、お婆さんにふん装している たぬきが
 「もちぁ はいって おらんぞ 」♪ 
はいってるのは ばばあだ と 大笑いして 正体をあかして 逃げ去っていくシーンだとか を 読む事が出来ました。

って こういうのを読み聞かせされた子供たちは いったいどんな情緒に…。 

 かちかちやまのばばあ汁ってこわいなぁ って 
子供たちに話すと もっとこわいのは 実はさんまうりとやまんばの話だって 教えてくれました。

 せっかう 教えてくれたので 私も読んでみました。

それ以来、
「さんまを頭から呑もうか 尻尾から呑もうか」
「まて まて さんばうりー」
「桐の衣装箱に穴をあけて 熱えた油をとろーりとろーり」と いりいろな名シーンを 表情たっぷりに 声で演出して 子供たちが大喜び 大騒ぎするネタに なりました。
 が けっこう 同時に こわがってます。

あ すいません。まとまりません。
【2008/11/15 13:07】 URL | いの #- [ 編集]

いのさま
いのさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

昔話に関しては、奥さんのおっしゃる意見と同じです。
善悪は、はっきりと、
3びきのこぶたが、狼と仲良く暮らす話なんて、ありえません。
そんな話を聞いた子供は、
いつか狼が悪に戻ってこぶたを食べてしまうのではと、
気になって、なんとも後味の悪い気持ちになるものです。

自分たちを食べようとした狼は、成敗してくれないと。
世の中の善悪がわからなくなってしまいます。

かちかち山に関してですが、
子供は、大人ほど、想像力はありませんので、
大人は、生々しく感じることが子供は、それほどではないと思います。
こういう話は、素語りがおすすめです。

絵本にしても、昔話にしても、
たんたんと、読みます。
読み手の情感があまりにもありすぎると
それ以外に想像する余地がないので、
そのようにしています。

昔話は、三省堂の「日本昔話百選」がおすすめです。
現地で集めた無駄のない語りと方言がなんとも楽しい本です。
【2008/12/19 14:39】 URL | LACI #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/67-3ab864cc

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。