家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「海べのあさ」
 
 
【2007/09/28 13:53】
 
 
初めて、歯が抜けたときって、どんな気分だったかな・・
  とっても不思議な感覚だったはずだけど、
    何度も繰り返していると、忘れてしまった。

そんな新鮮な感覚を思い出させる絵本です。

「海べのあさ」 マックロスキー作・絵 石井桃子 訳

「サリーのこけももつみ」のサリーがお姉さんになって再び登場です。

ある朝、歯が一本抜けかかっていることに気がつきます。

これは一大事、だって今日は楽しみにしていたお出かけの日なのに、
  病気だったらどうしよう。(もちろん、そんなことは、ないですが)

とにかくサリーにとっては、トップニュース。
  会う人会う人に、「私の歯抜けかかってるのー」と声をかけます。
    と言っても、相手は動物ですが。

ところが、お父さんに報告をしている最中に、
  抜けかかっている歯を、海岸の砂利に落としてしまいます。

さあ、大変。だってまだお願いをしていないだから!

日本では、歯に願掛けをすることになじみがありませんが、
  自分の歯に、お願いをするとその願いがかなうそうです。
    もちろん、人に言っては、だめだそうで、すてきな習慣ですね。

なにげない、日常をたんたんとつづっているのですが、
  サリーと、おかあさんやお父さん、お店の人との会話、関係がとてもいいのです。

石井桃子さんの訳も、とてもいいです。

こちらは、原書の表紙です。日本とちがいますね。
One Morning in Maine (Picture Puffin)One Morning in Maine (Picture Puffin)
Robert McCloskey

Puffin 1967-09
売り上げランキング : 62485

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/65-20569a6c

 
 
 
▲TOP