家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「あひるのピンのぼうけん」
 
 
【2006/03/24 13:58】
 
 
「あひるのピンのぼうけん」マージョリー・フラック:文 瑞雲社
The Story About Ping (Picture Puffin Books (Paperback))
The Story About Ping (Picture Puffin Books (Paperback))Marjorie Flack

おすすめ平均
starsA Classic

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画像がないため原書を載せます。

アンガスとあひる」を作った作家ですが、
挿絵は、別の方が描かれてます。この方もすばらしいです。

中国のお話です。
揚子江の水の上にうかぶ「かしこし目」というふねにすむ、
あひるのピンの家族と、いとこたち。

毎日、岸にあるえさ場で過ごして、
夕方再び、船に乗るのでが、最後に乗り込むあひるは、
おしりをぶたれるのです。

ある日、うっかり乗り遅れたピンは
おしりをぶたれるのがいやで、隠れてしまいます。

最初は、のびのびと過ごしていたのですが、
           人間の子どもに捕まってしまい・・。

 やさしい絵と、暖かい文で、ほっとする物語です。
                         2006.10.12修正
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/6-c807cad6

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。