家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「くんちゃんはおおいそがし」
 
 
【2007/02/25 09:51】
 
 
くんちゃんの姿は、子どもそのものなのですが、
  なかでも、一番あらわしているのでは、と思います。
くんちゃんはおおいそがしくんちゃんはおおいそがし
ドロシー・マリノ まさき るりこ

ペンギン社 1983-01
売り上げランキング : 230040
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

朝起きて、なんにもすることないや、という”くんちゃん”。

お母さんの手伝いなどしますが、「次なにしたらいい?」というくんちゃんに、
お母さんは、外へ行って、自分で何かすることをみつけなさい。といわれます。

そこで、外へ出たくんちゃん。
  それでも、なんにもすることないや、と思いますが、
    小石をけってから、次は、まつかさ・・と次々に何かをみつけ、
気がつけば、夢中になって何かをし始めるくんちゃん。

その自然な姿は、まさに、子どもそのもの。
  見ているほうも、くんちゃんといっしょになって遊びに夢中になってしまいます。

このシリーズは、よくある大人の視点から見た子どもの姿ではなく、
  子どもの視点から見た、子どもの姿をよくあらわしている絵本です。

特別な出来事や、奇想天外なことが起こるわけでなく、
 ごく普通の日常を、絵本にしたものですが、
  子どもたちは、くんちゃんに共感し、くんちゃんになって絵本を楽しめるのです。

絵本にとって大切なのは、主人公になれるか、共感できるかで、
  絵本を好きになるか、ならないかが決まります。

 ぜひ、子どもたちに読んで欲しい絵本です。

くんちゃんシリーズは、こちらもあります→「くんちゃんとふゆのパーティー」
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/46-f37cf13d

 
 
 
▲TOP