家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「まりーちゃんのくりすます」
 
 
【2006/12/19 15:07】
 
 
ちいさい子に、クリスマスってね・・とお話するときに。

  クリスマスに初めてであう子に読んであげたい
まりーちゃんのくりすますまりーちゃんのくりすます
フランソワーズ 与田 準一

岩波書店 1975-01
売り上げランキング : 8539
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「まりーちゃんとひつじ」に出てくる、
   まりーちゃんとぱたぽんのおはなしです。

 まりーちゃんが、ぱたぽんに”くりすます”ってね、
   「小さなイエス様が、お生まれになった日よ」

 そして、おりこうにしていると、サンタクロースがプレゼントを
    持ってきてくれるの・・・



クリスマスには、どうしてもサンタクロースのほうが、
 クローズアップされやすいですが、本来の意味もさりげなく
   盛り込んでいるところが、小さい子の絵本にしてはめずらしいです。
  しっかり理解して欲しいとこですもんね。


 それから、お話は、サンタクロースは木靴の中にプレゼントを入れてくれるというところから、
ぱたぽんは、くつを脱ぐことができないので、
  すねてしまいます。

 でも、そこは、まりーちゃん。
   ぱたぽんのために、靴を一足作ってもらいます。

 そうして、クリスマス。ふたりともとってもすてきなプレゼントをもらいます。


書店などで、クリスマスの絵本が並べられている中で
  小さく目立たない感じですが、ぜひ手にとって見てみてください。

 絵は、色彩豊かで暖かく、クリスマス人形のページは、特にすてきです。
  
原書は、もっと大きくて「まりーちゃんとおまつり」と同じサイズ。

岩波のこどもの本シリーズの一冊なので、
  それらと同じサイズなので、小さいのです。

発売した当時(1975年)から変わらないので、
   テキスト(文章)も縦書きでちょっと読みづらいです。

原書の形に戻して欲しい「ツバメの歌」と同じことがここにもあります。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/41-c7028167

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。