家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「はなのすきなうし」
 
 
【2006/10/08 21:53】
 
 
子どもは、もちろん、親も、ぜひ読んでみて欲しい絵本です。
はなのすきなうしはなのすきなうし
マンロー・リーフ ロバート・ローソン 光吉 夏弥

岩波書店 1954-01
売り上げランキング : 72215
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

:ストーリー:
花が大好きな牛フェルジナンド。
  一日中花のにおいをかいで過ごしています。

他の牛たちは、マドリードで闘牛になるため
    練習に励んでいますが、フェルジナンドは、マイペース。

そこへ闘牛を探しにやってきた男たちに、
   フェルジナンドが偶然にも選ばれて、連れて行かれます。

闘牛場に連れてこられたフェルジナンドは・・・

:ここがいい:
フェルジナンドのお母さんは、他の牛たちと遊ばないフェルジナンドに、
  一人でさびしくないかしらと心配しますが、
フェルジナンドは、一人で花のにおいをかいでいるのが好きなんです。
  という答えを聞いて、そのままにしておいてあげます。

決してそれ以上、フェルジナンドに無理強いはさせません。
                         すてきです。

闘牛場から、戻ってきたフェルジナンドは
        また花のにおいをかぐことができて
                    とてもしあわせです。

という最後は、よかったねフェルジナンドと、こちらまで、
                幸せな気分になります

絵もとてもよく、文章にあってます。
          とてもユーモアがあります。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
懐かしいです
LACIさん、こんばんは^^
この本を読むと、心優しくなれるような気がします。
既に他界した実母は、今思えばフェルジナンドのお母さんの様な人でした。
自分も2人の娘の母となり、そうありたいと思いつつ現実は中々…この絵本を久しぶりに読んでみたくなりました。
【2006/10/21 23:33】 URL | RENE #MDo56pwE [ 編集]

心優しく
RENEさん、こんばんは☆
そうですね。確かに心優しくなれる気がします。
子どものことで悩んでいても、
フェルジナンドのお母さんのことを思い出して、
そうそうそうだよね、と思うようにしています。

RENEさんのお母さんも、すてきな方だったんでしょうね。
ぜひ、読んでみてください。
【2006/10/23 19:38】 URL | LACI #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/34-28ea76a7

 
 
 
▲TOP