家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ツバメの歌」
 
 
【2006/07/24 16:18】
 
 
絵本は、一年中季節を問わず
読んで欲しいものですが、

  これは、やはりこの季節に忘れずに読んで欲しいです。
Song of the Swallows
Song of the SwallowsLeo Politi


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原書との色の違い・・
ツバメの歌
ツバメの歌
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.17
レオ・ポリティ文とえ / 石井 桃子訳
岩波書店 (1976)
この本は現在お取り扱いできません。

お話は、ジュアンという男の子が、

 春のセント・ジョセフの日にやってくる
       ツバメたちを楽しみに待っている様子を描いています。

ツバメたちは、花ときれいな水のある

  そして”よろこんでむかえてくれる人”がいるところに

    やってくると聞いたジュアンは、
              家の前に花壇を作ることを思いつきます。

  それから、一年がたち、
      またセント・ジョセフのおまつりの日がやってきました。

 子どもたちは、ツバメをむかえに行きます・・。

小さな点々がやがて、何百羽ものツバメになってやってきます。

  ツバメたちを喜んで迎える姿は、楽しげです。


 曲もついているのですが、誰か歌って~

 同じ作家の作品「ロバの旅」が、合本されてます。

bu03_i32.gif
↑応援お願いします
banner2.gif
↑よかったら、こちらも



原書を見て唖然としました。

あまりにも違いすぎます・・。

色調の明るさ、原書は、きれいな色にあふれています。

それは、春の色でしょうか、とても明るいです。

そして、つばめたちを待っている子どもたちの前に、

点々とツバメたちの姿が見える場面で、

日本版は、サイズが小さくなったので、そのツバメたちの数が、

半分になってしまってます(>_<)

合本されている「ロバの旅」もとてもいいお話なのに、

表紙に題名すらないというカナシサ

いつか、原書どおりのサイズ、絵で、出版して欲しいです。

とってもいい絵本なので、ぜひ、お願いします。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/29-5cc98cf6

 
 
 
▲TOP