家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ヘルガの持参金」
 
 
【2006/07/12 14:06】
 
 
5年生の読み聞かせで、読んでみました。

ヘルガの持参金
トミー・デ・パオラさく / ゆあさ ふみえやく
ほるぷ出版 (1981.9)
通常2-3日以内に発送します。

 ヘルガは、トロールの娘。

      トロールは、「3びきのやぎのがらがらどん」に出てくる

      トロールの仲間で、人間に似ていますが、しっぽがあります。

 トロール娘が、結婚するときは、持参金がないと結婚できません。

   ところが、ヘルガは、身寄りもなく、貧しい身です。

大好きなラースと結婚もできないヘルガは、

 がんばって、持参金を稼ぐために、人間界に降りていきます。

    ~いろいろな、わざを使って持参金を稼ぎます~

 そうして、持参金を稼ぐことができたヘルガの元に、

                     ラースがやってきます。

   ところが、ヘルガは、ラースとは、結婚しないと言うのです。


         ~~どうしてでしょうか~~~

副題に、トロールの愛のものがたり、となっているのですが、

  まさに、本当の愛、真実の愛を、描いている絵本です。

”恋愛”をテーマにした、めずらしい絵本ですが、

  ちいさいお子さん(年長)でも大丈夫、十分楽しめます。
bu03_i32.gif
↑いかがでしたでしょう
banner2.gif
↑ポッチとお願いします。


読み聞かせが、終わった後、

  王さまがね、ヘルガのことをいつも見ていたんだよ、

          気がついてた~?

 と、聞くと、手前にいた子は、気づいていたようですが、

   遠くの子は、わかりにくかったので、

          最初から、絵をもう一度見てみました。

  すると、見終わってから、一言。


     「ストーカーやん」

                 そうじゃないんだけど・・
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/27-4372fb1e

 
 
 
▲TOP