家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」
 
 
【2006/06/23 20:26】
 
 
さすが、ファージョン。

 その、ファンタジーの世界は、子ども心に、ぴたっとはまります。

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする
エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをするエリナー ファージョン Eleanor Farjeon Charlotte Voake

おすすめ平均
stars子ども達の夢をかなえる素敵なお話
stars落ち着いた淡い色調の絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おはなし:小さなころから、”なわとび上手”と呼ばれた、

 エルシー・ピドック、その評判は、

    フェアリー(妖精)の世界まで、伝わります。

         なぜか、なわとび好きなフェアリーたち。

 エルシー・ピドックは、眠ったまま、

  フェアリーたちに、呼ばれ、なわとびの技をやってみます。

フェアリーの師匠に気に入られた、エルシー・ピドック。

    月に一回、三日月の晩にケーバーン山での、修行が始まります。


 修行ののち、人間の世界にも、妖精の世界にも

     エルシー・ピドックに、並ぶものは、いないほど、

                   なわとび上手になりました。

 月日は、流れ、エルシー・ピドックも大人になり、

     町に、危機が訪れます・・そこでエルシー・ピドックは・・。

bu03_i32.gif
↑今日も更新がんばりました
banner2.gif
↑こちらにも参加中です。



 


 うちの子が、友だちにすすめたい絵本の一番でした。

   何度も、読んでと、持ってきた作品です。

 なわとびの技が、様々あってとても面白いです。

      私の好きな技は、”心配ごとははねとばせとび!”です。

                           やっぱり。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

はじめまして、RENEと申します。
過日、アンガスさんのこちらの記事に触れ、ファージョンを読み返したくなりました。
そして、書庫から分厚くて重たい「ムギと王さま」(作品集3)を枕元に移動(笑)
ファンタジーの世界…やはり好きです…
これからも素敵な本を紹介してください♪
また、遊びに寄らせてもらいます。
【2006/06/30 23:18】 URL | RENE #MDo56pwE [ 編集]


こんにちは♪RENEさん初めまして。
ファージョン、いいですよね~。
「ムギと王さま」で、どの作品がお好きですか?
私は、どれも、素敵で迷います。
いつかまた、ファージョン作品もご紹介しますので、
また、あそびにきてくださいねv-410
【2006/07/01 20:34】 URL | アンガス #- [ 編集]


こんばんは、RENEです。
ムギと王様の中では、「小さなお嬢様のバラ」が好きです。
あと、ギリシャ神話好きとしては、巻末の「バニュキス」も外せません(笑)
ファージョン自身も、このお話がお好きだったようですね。
今日、電車の中で「子どもに語るアンデルセンのお話」を読みました。
以前紹介されていた「アジア編」を含め、こぐま社のこのシリーズは、気に入っています♪
では、また良書の紹介期待しています。
【2006/07/01 22:55】 URL | RENE #MDo56pwE [ 編集]


こんにちは♪
コメントありがとうございま~す。
「ムギと王さま」から、好きな作品を書こうとおもたのですが、
どれにしようか迷って、今、読み返してますので、
もう少しおまちください。v-421
また、新しい本もアップしましたので、
コメントお待ちしております。
【2006/07/03 16:09】 URL | アンガス #- [ 編集]


こんばんは!昨日図書館で借りてきました!
こんなに文章が長い本だとは思わず、でも引き込まれて一気に読んでしまいました。

エリナ・フォージョン、「ムギと王様」の作者だったのですね!

子どもの頃あの不思議な世界に何度出掛けたことでしょう。何度も何度も読み返した本です。
早速実家に行って探してみたけれど、なかったですv-409dこにいってしまったのか。
家の本棚に入れておきたい本ですよね。
もちろん、この絵本もこれから子どもに読み聞かせます。
懐かしい本を思い出させてくださって、ありがとうございましたv-343
【2006/07/10 00:06】 URL | sara #- [ 編集]


誤字ばかりですみません~編集しても直せなくて、、、失礼しましたi-201
また遊びにまいりますi-236
【2006/07/10 00:12】 URL | sara #- [ 編集]


saraさん、こんにちは!
子どものときに、何度も読んだなんて、
うらやましいです。
私は、大人になってから出会ったんです。
子どものときに出会いたかったと思います。
絵本や、児童書は、孫の代まで、持ち続けられるものですね。e-68
【2006/07/10 21:19】 URL | アンガス #- [ 編集]


アンガスさん、こんばんは!
今夜、ファージョンの「ムギと王さま」の本関連の記事を書こうと思っています。
こちらをTBさせてください。
よろしくお願いしますv-254
【2006/07/12 22:08】 URL | RENE #MDo56pwE [ 編集]


RENEさん
返事が遅くなりました。
トラックバックOKです。って、もう遅いですよね。
すみませ~ん。
【2006/07/31 11:36】 URL | アンガス #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/25-a27a7ee4

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。