家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
ひつじぶんこに加わった本
 
 
【2016/09/18 14:55】
 
 
ひつじぶんこに加わった本の紹介です。

「ロバの王子」


グリムのお話に、バーバラクーニーが挿絵を描きました。

クーニーの絵がお話にあっていて、とてもいいです。

お話は、長いので、年長さん向けです。

「ペチューニアのたからもの」

がちょうのペチューニアが宝箱をみつけました。

大喜びするものの、そこからペチューニアの苦労が始まります。

プレゼントを欲しがる友だち、宝物を取られるのではないかと、

始終心配する、気苦労、それは、夜夢に出てくるほど・・・

でも、最後には、すっきりするお話です。


「こすずめのぼうけん」

飛び始めたばかりのこすずめが、試しに遠くまで飛んだものの、

どこか休む場所を探すために、色々な鳥の巣へ舞い降りますが、

同じ種類の鳥でないという理由で追い出されます。

こすずめの場所はみつかるのでしょうか。

見ている子どもたちは、こすずめの気持ちになるので、

大好きな絵本になるようです。

「とらたとまるた」

とらの子、とらたが丸太をみつけました。

丸太は、様々なものになり、とらたと一緒に楽しみます。

子どもたちの見立て遊びは、まさにこういうことです。

子どもの気持ちになって作られた絵本で、秀逸です。

残念ながら、今は販売されていないのが残念です。

「小さいきょうだい」

とても不幸な状況の子どもたちが幸せになるお話が4つ入っています。

作者リンドグレーンは、この物語のような子どもたちに向けて、書いたそうで、

リンドグレーンの子どもたちに対する思いやり温かさを感じる作品です。


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP