家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
海のおばけオーリー
 
 
【2006/05/02 12:30】
 
 
海のおばけと言えば、おどろおどしい響きですが、
このお話は、海のおばけと騒がれた、アザラシのお話です。

§ストーリー§
うまれたばかりのアザラシの赤ちゃんと、お母さん。
とても、愛らしい親子です。
ある日、幾日も、食べていなかった母親が、海にでている間に、
なんと、人間が、赤ちゃんを連れ去ってしまったのです。

そして、動物屋に売られ、大きくなりますが、
大きくなりすぎて、水族館に売られます。

水族館には、やさしい飼育員さんがいて、
お母さんを恋しがる、オーリーをかわいそうに思って、
湖に放してやるのです(結果的に)

で、新聞に「みずうみに、ばけもの、あらわる!」となるのです。
街中、大騒ぎです。

オーリーは、無事にお母さんのところに戻れるのでしょうか。
海のおばけオーリー海のおばけオーリー
マリー・ホール・エッツ 石井 桃子

岩波書店 1974-01
売り上げランキング : 161,719
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

§この絵本のこと§
絵の色は、黒一色です。これは、作家エッツ独特の世界です。
また、この絵本は、めずらしく、漫画のように、コマわりで、展開していきます。
長いお話ですが、子供は興味津々で、目が離せないといった感じで、聞きます。

オーリーを、夜中にであった人たちが、勝手に、「おばけ」と思い込むあたりは、人のうわさって、こうやって大きくなるのかもと、滑稽です。

ニュースで見るアザラシを見るたびに、オーリーを思い出します。

親子で楽しんでみてください

bu03_i32.gif
↑見にこられた記念に、一ポチお願いします。
banner2.gif
↑こちらにも、参加してますので、お願いします^^
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

v-254こんにちは~~!!

「オーリー」持っていたはずなのですが、どうしても見つからなくて・・・もしかしたら自分の幼稚園に寄付してしまったのかもv-12
あのドラマチックな物語は、小学生が自分で読むのにすごくいいですね。存在をすっかり忘れていました。ちょうど上野動物園であざらしをみてきた後だけに、残念です。
図書館で探してみますね!

これからもいい本を紹介してくださいv-238楽しみにしています!
【2006/05/15 08:48】 URL | sara #- [ 編集]


saraさん、こんにちは~*
どこにいったちゃんでしょうね「オーリー」v-393
時々、行方不明になってしまう絵本があるんでよね、いっつもちゃんと片付けないから・・(汗)
上野動物園に行かれたなって、うらやましいです。最近動物園もご無沙汰です。
久しぶりに行って癒されようかな。

最近、ずう~と忙しくてアップできないのが、残念です。もうしばらくしたら、アップしますので、また遊びに来てくださいねv-343
【2006/05/16 01:26】 URL | LACI #- [ 編集]


楽しく拝見させていただきました~

また遊びに来させてもらいま~す!
【2006/05/22 03:20】 URL | 桐壺 #- [ 編集]


v-410訪問ありがとうございます。

また遊びに来てください。
【2006/05/22 12:26】 URL | LACI #- [ 編集]


エッツのこの作品のこと知りませんでした。
表紙からして非常に興味をそそられますね。最後どうなるんだろう???
年長さんでもちゃんと長いお話がきけるなんて感心ですね。
【2006/06/23 01:25】 URL | まつりか #- [ 編集]


読むほうは、大変ですが、
あきさせない内容で、最後まで、
集中してました。
オーリーは、お母さんに、会うために長~い旅に出ますよ。
まだまだ、エッツの作品で、
いいのがありますので、また紹介しますね。
【2006/06/23 19:36】 URL | LACI #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/20-cfa8895a

 
 
 
▲TOP