家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「大きな木のおくりもの」
 
 
【2006/04/29 08:33】
 
 
木は、たくさんのものを、与えてくれていることに、
あらためて、気づかせてくれる絵本です。


絵は、写実的で、森にいるような感覚です。
文章は、淡々と、事実を伝えていますが、
どれも一本の木に関することなので、考え深いです。


*おはなし*
主人公は、一本のならの木です。
何年もかけて、大きな大きな木なり、
鳥や、りすの巣になり、どんぐりを提供します。
根っこは、小さな動物たちの避難所。
その葉は、腐葉土となり、森の土となるのです。

しかし、だんだん、アリや、カビの被害を受けて、
少しづつ、腐っていきます・・。

そして、とうとうハリケーンによって、木は倒れてしまします。
でも、お話はここで終わらず・・

倒れた木は、動物や、虫たちにとても役に立つのです。
だんだん朽ち果てていく木にも、虫や、
サルノコシカケの居場所になります。

そして・・新しい木が、すくすく育つころ、
大きなナラの木は、すっかり土にかえるのです。

*思うこと*
ここまで、丁寧に、木のことについて、
書かれた絵本は、少ないのでは、と思います。

すべて、土にかえって、
「茶色いまぼろしような、豊かな土だけが残りました。」という、
言葉が印象的です。

人間の一生も、こうであったら、いいなと思える作品です


大きな木のおくりもの大きな木のおくりもの
アルビン トレッセルト Alvin Tresselt Henri Sorensen

あすなろ書房 1996-10
売り上げランキング : 296,734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*作者について*
作者のアルビン・トレッセルト氏は、
「しろいゆきあかるいゆき」などを書いた詩人です。
日本でも、数冊翻訳された本があります。
翻訳者は、中井貴恵氏は、ご存知、俳優さんですね。

子ども達に、知って欲しい絵本です。

bu03_i32.gif
↑絵本でランキング10位内に、入れました。ありがとうございまーす(*^_^*)
banner2.gif
↑今、現在188位でしたヽ(^。^)ノ
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

なんだか知らない絵本ばかり、、、
チラ見ばかりしてました(^^)
ココにきてゆっくり本屋に行きたい気持ちに、、、
明日は早速探しにいきますウ
【2006/04/29 20:15】 URL | オアノアン #- [ 編集]


こんにちは~v-344
知らない絵本を知って欲しくてやってますので(笑)
ついつい、文が長くなってしまって、
チラ見さんには、きびしいですよね(^^ゞ
紹介している絵本は、大型店か、
絵本などこだわって(?)販売されてるお店にあると思います。
見つかるといいな(*^_^*)
オアノアンさんは、どの絵本が気になりましたかv-361
【2006/04/30 15:20】 URL | LACI #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://angasu.blog59.fc2.com/tb.php/19-a842e405

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。