家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
11月の絵本会で紹介した本
 
 
【2013/12/14 08:23】
 
 
11月は、秋を感じる絵本を集めてみました。

「りんごのき」
りんごのき (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)りんごのき (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)
エドアルド・ペチシカ ヘレナ・ズマトリーコバー

福音館書店 1972-03-10
売り上げランキング : 166216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

りんごの収穫期、秋を感じるとともに、1年も感じる絵本です。

幼い子は、マルチンになって、りんごの木をみることでしょう。

「おばけりんご」
おばけリンゴ (世界傑作絵本シリーズ―ドイツの絵本)おばけリンゴ (世界傑作絵本シリーズ―ドイツの絵本)
ヤーノシュ

福音館書店 1969-03-31
売り上げランキング : 147040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同じりんごでも、こちらは雰囲気が全然違います。

題名にあるように、大切にしていたりんごが大きくなりすぎて・・

ささっと、描いたようならくがきのような絵が味わいがあり、ユーモアがあり、
物語にとてもあっています。

「リベックじいさんとなしの木」
リベックじいさんのなしの木リベックじいさんのなしの木
テオドール フォンターネ ナニー ホグロギアン

岩波書店 2006-05-19
売り上げランキング : 757016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

物語は、いつも梨をくれていた優しいリベックじいさんが、亡くなることから始まります。

ところが、息子はとってもけちで、梨を誰にもとられないようにします。

リベックじいさんの優しさが伝わる本です。

「ジルベルトとかぜ」
ジルベルトとかぜジルベルトとかぜ
マリー・ホール・エッツ たなべいすず

冨山房 1975-08-05
売り上げランキング : 143124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絵本会の日が、とても風の強い日だったので、
風を感じながら、読みました。

強い風でだけでなく、弱い風など色々な風がでてきて、ジルベルトと楽しみます。

見えない「風」という存在を感じることができる絵本です。


「木はいいなあ」
木はいいなあ木はいいなあ
ジャニス=メイ=ユードリイ マーク=シーモント

偕成社 1976-04
売り上げランキング : 82280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらは、「木」を感じる絵本です。

木が、人間にどのように役に立っているのかとか、

気が付いたら、そばにいて寄り添ってくれている存在。

そんなことが感じられる絵本です。

「りすのパナシ」
りすのパナシりすのパナシ
リダ フォシェ フェードル ロジャンコフスキー

童話館出版 2003-04
売り上げランキング : 81853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

秋は、動物たちが忙しく冬食べるために、収穫をする季節。

「カストールおじさんの動物物語」シリーズの一冊です。

シリーズのどの絵本も、動物の生態や、周りの様子など、科学絵本になるだろうところを、

しっかりと物語仕立てになっていて、丁寧に描かれた絵とともに、素晴らしいです。

過去に、出版された絵本と見比べたりしました。

「ドリトル先生アフリカゆき」

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))
ヒュー・ロフティング 井伏 鱒二

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 31313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドリトル先生が、どうやって動物の話がわかるようになったかご存じですか。

先生は、腕はいいのですが、動物好きが災いして、どんどん患者さんがいなくなります。

そんな困った先生を助けてくれたのが、動物たちでした。

なんとなく知ってるけど、ちゃんと読んでみると面白く、シリーズを読みたくなる本です。

最近、子どもうけするように描かれた表紙絵の本をみました。

あまりにも、ドリトル先生のイメージと違うので、驚愕でした。

この岩波少年文庫の本は、原作者が描いた絵が載っていて、作者の気持ちが反映されてます。

ちょっとくせがある絵ですが、慣れてくると愛着がわいて、これじゃなくちゃと感じます。

アフリカゆきは、楽しくて、低学年の子から、楽しめる内容です。

「その歌声は、天にあふれる」
その歌声は天にあふれるその歌声は天にあふれる
ジャミラ ガヴィン Jamila Gavin

徳間書店 2005-12
売り上げランキング : 115779

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イギリスに、捨てられる子がたくさんいた時代。

コーラム人と呼ばれる人たちがいて、この子たちを助けるのですが、

逆に、このことを利用して、金儲けをしようとする輩もいた時代。

そのことを聞いた作者が、触発されて書いた物語です。

過酷なことばかりですが、最後は救われると信じて、読みました。

こわい本を読む子がいますが、本当にこわいのはこういうことだと思います。

子どもたちに読んでほしい本です。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。