家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「あなはほるものおこっちるとこ」
 
 
【2011/07/06 20:53】
 
 
ちいちゃい こどもたちの せつめい
と、副題のとおり、
子どもたちの目線で描かれた絵本です。
あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)
ルース クラウス モーリス センダック

岩波書店 1979-07-09
売り上げランキング : 118512

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

センダックの絵と、クラウスの文章が楽しい絵本です。

~ては つなぐために あるの~

~だきあうために うでが あるのよ~

~えんちょうせんせいは
 とげを
 ぬいてくれるひと~

など、うんうん!とうなずける言葉がたくさんあります。

全身を使って、元気に動き回る子どもたちの絵がいいです。

さすが、センダックとうなずけます。

こういう視点で見ると、世の中って楽しいかも、と思えます。

一度、手に取ってみてください。

今は、在庫ありですが、ときどき、品切れになりますから、

気になったら、買っておいたほうがいいかなと思います。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。