家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「心の宝箱にしまう15のファンタジー」
 
 
【2014/04/16 15:58】
 
 
「心の宝箱にしまう 15のファンタジー」が2冊の文庫になって出版されました。

前半の7作品が「ひとにぎりの黄金 宝箱の章」に

ひとにぎりの黄金 宝箱の章 (竹書房文庫)ひとにぎりの黄金 宝箱の章 (竹書房文庫)
ジョーン・エイキン 三辺 律子

竹書房 2013-10-24
売り上げランキング : 358249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


後半の8作品が「ひとにぎりの黄金 鍵の章」に
ひとにぎりの黄金 鍵の章 (竹書房文庫)ひとにぎりの黄金 鍵の章 (竹書房文庫)
ジョーン・エイキン 三辺律子

竹書房 2013-11-28
売り上げランキング : 610656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハードカバーは、1冊1600円(税別)で、
文庫では、1冊571円(税別)になってます。

出版社も、訳も、挿絵も変わりませんでしたが、

残念なことに、「ふりがな」がなくなっていました・・。

(出だしの継母(ままはは)だけには、ついていましたが)

文庫をされている方に指摘されたのですが、

大人は何気に読んでますが、小学生で、まだ習っていない漢字がでると、

読みずらいのです。

ハードカバーは、まだ出版されていますので、もし小学生のお子さんが読まれるのであれば、
ハードカバーのほうをおすすめします。

中学生以上のお子さんが、学校で読まれるなどの場合は、
文庫版は、手軽に持って行けて、便利です。

この本の紹介は、過去に2回していましたので、一つにまとめてみました。

ちょっと、長くなってしまいましたが、よかったらどうぞ、お読みください。



2011.6.6に掲載した紹介文。

作者がお気に入りの作品を集めた本です。
選んだ理由も納得できる内容です。
心の宝箱にしまう15のファンタジー心の宝箱にしまう15のファンタジー
ジョーン エイキン Joan Aiken

竹書房 2006-02
売り上げランキング : 94025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どのお話も、子どもが主人公というものが多く、
  子どもたちが共感しながら読むのではないでしょうか。

前にご紹介した「アーミテージ一家」のお話も含まれています。
 「おとなりさんは魔女」紹介はこちら→
 「ねむれなければ木にのぼれ」紹介は、こちら→
 「ぞうになった赤ちゃん」紹介はこちら→


かわいそうな状況の子どもたちを救う手が色々な形で現れて、

作者の豊かな想像力に、驚きます。

最後には、よかったねと思えるところがいいです。


気になった作品を上げてみました。
  (全作品の感想を書きたいとこですが・・)

「三つ目の願い」
昔話のように、3つの願いをかなえられるようになったのですが、
さすがエイキン、普通にはおわりません。昔話で失敗してしまう三つ目の願いをどうするのでしょう。

「からしつぼの中の月光」
エイキンには、めずらしく現代のお話ですが、そこはやっぱりエイキンの作品です。
ここに出てくるおばあちゃんって、エイキンのおばあちゃんか、
または、作者本人なのか、その生活にあこがれます。


「望んだものすべて」
歩いたあとから、花が咲く。ファンタジックで、すてきっとは、ならないのです。
現実は、失業するしかないのです。おばの願いのでせいで、困ってしまう女性の話です。

「お城の人々」
あこがれの王女さまと結婚できたのに、結婚したとたん、王女様が普通の人のようになると、
つい、思いやりのない言葉を言ってしまい、大切な人を失い・・。
ちょっと、結婚した旦那さんへの皮肉がこもった作品です。




同じ作品で、別の翻訳家が訳された本がありますので、
その違いを感じるのも楽しみの一つです。

原書は、同じでも言い回しで雰囲気も変わるものだなあと感じました。

どちらが好きかというのは、読んだ方のお好みかな。

ぜひ、比べてみてください。

題名が違うので、並べてみました。
  (心)心の宝箱にしまう15のファンタジー
   (3)ゾウになった赤ちゃん アーミテージ一家のお話3
     (魔)魔法のアイロン 岩波少年文庫 絶版

(心)シリアル・ガーデン → (3)王女さまとふしぎな庭

(心)三つ目の願い → (魔)三つめの願い

(心)ナッティ夫人の暖炉 → (3)ナッティ夫人の暖炉

(心)望んだものすべて → (魔)めいわくな贈り物

(心)ホーティングさんの遺産 → (3)めいわくなロボット



2006.7.3に、掲載したものもあったので、こちらに転載します。

久々に、たっぷり楽しめた本でした。

 ちょっぴりかなしいお話や、クスリと笑ってしまうお話や、

   うーん、さすが!とうならせるファンタジーなど、

          まさに、多彩です。


15の中で、どれがおすすめかと言うと、

    それぞれの良さがあって、むずかしいですが、

わたしは、「からしつぼの中の月光」に出てくる、

 おばあちゃんが、作家エイキンをイメージさせて、好きです。

「魚の骨のハープ」は、北欧の昔話のように、

  困難に打ち勝って、幸せになるお話で、話の展開がうまいです。

かと思うと、「ネコ用ドアと、アップルパイ」みたいな、

 日常的に、ありそうなお話もあって、すごく親近感がわきます。


  そして、「本を朗読する少年」は、まさに、

           本好きには、たまらない、展開です。

 などなど、どれをとっても、紹介したくなるお話ばかり

    ぜひ、読んでみてください。

追記:エイキンのほかの作品は、品切れ本が多くて残念です。

   どれも、奇想天外で、とてもおもしろいのに。

また、題名に関して、

  原題は、直訳すると、”一握りの金”なので、

    エイキンの雰囲気からすると、こちらのほうが、

 ぴったりなような気がします。

   帯に書かれている広告も、中身と違う気がします・・。

 こうやって、出版してくださったことには、感謝しますが・・・



初めて出会ったときと、再び読んだときと、
選んでいる作品が違っていたのに、驚きです。
今だったら、どの作品をえらぶかな~♪

題名が変わりましたね。前の題名は、覚えずらかった。
      2014.4.16


関連記事

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。