家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ぼくはわにのクロッカス」
 
 
【2011/05/20 17:33】
 
 
表紙の絵が、このワニを性格をあらわしているような、

愛嬌のある顔です。
ぼくはワニのクロッカスぼくはワニのクロッカス
ロジャー デュボアザン Roger Duvoisin

童話館出版 1995-11
売り上げランキング : 314932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ワニのクロッカスは、見た目とは違い、とてもおとなしい性格。

動物たちが、びっくりするといけないので、昼間は、木のうろの中で過ごします。

でも、お花が大好きなので、昼間に出たくてしょうがありません。

そんなワニをかわいそうに思った、あひるのバーサが協力してくれます。

バーサが農場の納屋にクロッカスを連れて行きますが、動物たちはびっくり。

農家の奥さんもびっくり。

このとき、クロッカスは、思いっきり笑顔であいさつしたのですが、

奥さんには、そうは、見えなかったようです。

そのあとの、クロッカスのがっかりした顔。ずーんって、感じです。

クロッカスは、なんとか奥さんと仲良くなりたいと思案します。

二人とも、お花が大好きなのです。

仲良くなれそうだと思いませんか。



昔話なら、ワニがアヒルをだまして・・という展開ですが、それを逆手にとった展開です。

徐々に、ワニのクロッカスを受け入れていく様子がすてきです。

私も大好きなお話です。




絵の色は、とてもカラフル。牛の色が赤や黄色だったり。

楽しげで、お話の雰囲気にあっています。

作家は、絵の内容により、タッチや技法を変えています。


作家のデュボアザン(または、デュボワザン)は、動物のお話を得意とする作家で他にもたくさん作品があります。

「ごきげんならいおん」「がちょうのペチューニア」「ちゃぼのバンダム」など

「しろいゆきあかるいゆき」紹介は、こちら→

「ペチューニアのだいりょこう」紹介はこちら→

また、作家の作品を多く出版していた祐学社は、何年か前に営業停止になり、

それらの絵本も絶版になっていましたが、今は、様々な出版社から、発売されています。

が、残念ながら、まだ復刊して欲しい絵本が、発売されていません。

早く、でないかな。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP