家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ねむれなければ木にのぼれ」
 
 
【2011/05/01 10:00】
 
 
木に登ってしまったら、
   いつまでも、寝続けます、
でも、とても楽しい夢を見られるのです、あなたならどうします?
ねむれなければ木にのぼれ――アーミテージ一家のお話2 (岩波少年文庫)
ねむれなければ木にのぼれ――アーミテージ一家のお話2 (岩波少年文庫)ジョーン・エイキン 猪熊 葉子

岩波書店 2010-08-20
売り上げランキング : 159856


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「おとなりさんは、魔女」に続き、アーミーテージ一家のお話です。

今度のお話は、困った大人が多く出てきます。

ドールハウスを欲しがる大人とか、本気で兄弟げんかをする老人とか、
マルメロの木を欲しがるご婦人とか・・・。

そんな困った大人たちに、奮闘するのが、頼もしい子どもたちです。



作家は、この家族に次から次へと難題を持ちかけて、

子どもたちがそれを解決していく様子を楽しそうに描いています。


登場人物の一人もおろそかにしないで、あのお話で出てきた人が、

こっちのお話にもでてきている!

まるで、シリーズ物の映画のように、心憎い演出です。

なので、続けて読むと楽しいです。

「おとなりさんは魔女」紹介はこちら→
「ぞうになった赤ちゃん」紹介はこちら→
関連記事

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP