家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
大人のための読み聞かせ会 つづき
 
 
【2011/03/26 10:35】
 
 
前回は、小さい子向けの絵本の紹介が主でしたが、
他にも色々な本を紹介しましたので、ご紹介します。

「ことばあそびうた」谷川俊太郎
題のとおり楽しい遊び歌の絵本です。覚えてスラスラ言えるようになると、なお楽しい。



「木はえらい」谷川俊太郎 他
小学校高学年向けの詩の本です。ただ堅苦しいだけの詩ではなく、子どもたちの心情を詩にしています。学校での読み聞かせの合間に読んだりしています。ブラックユーモアなので、笑えます。



昔話でおすすめしたのが、「日本昔話百選」稲田浩二「日本の昔話」柳田國男
聞きに来られた方が、瓜子姫の最後が思い出せないというので、読みました。



年中さんに、おすすめの絵本として、
「しずかでにぎやかなほん」マーガレット・ワイズ・ブラウン
音の絵本シリーズとして、一番のおすすめの絵本です。



「がちょうのペチューニア」ロジャーデュボアザン
ちょっぴりおばかさんのペチューニアが、拾った本を持つことによってかしこくなった!?楽しいお話です。



少し長いお話の絵本
「ヘルガの持参金」トミー・デ・パオラ
トロールのヘルガが、持参金を稼ぐために奮闘し、本当の愛を手に入れるお話。絵本にはめずらしい恋愛のお話です。



「ロッタちゃんとじてんしゃ」リンドグレーン
ロッタちゃんシリーズの中でも、おすすめです。どうしても自転車が欲しかったロッタちゃん。三輪車なんてもういやって時期ありますよね。



絵本から、児童書の移行期におすすめ
「ようせいのゆりかご」ルース・エインズワース
妖精が出てくるファンタジーなお話が数編。



2時間という長い時間でしたが、2歳のお子さんが
静かに、過ごしていてくれました。

好きな作家さんの絵本が多くて嬉しかったという感想をいただきました。
よかった~。
関連記事

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP