家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「みどりの小鳥」 イタリア民話選」
 
 
【2012/07/12 09:24】
 
 
国によって昔話は、雰囲気が違います。
みどりの小鳥―イタリア民話選みどりの小鳥―イタリア民話選
イタロ・カルヴィーノ ルッツァーティー

岩波書店 1989-09
売り上げランキング : 590089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イタリアの国民性でしょうか。明るい作品が多いです。

短いお話から、長いお話、

小さな子どものための話、女の子のための話、

恐ろしい話(少しだけ、それほどでもないよ)・・・・など、

話の内容で、分けられていますので、

お子さんに合わせて、お話を選ぶのに便利です。


岩波愛蔵版から、岩波世界文学集の一冊に入っていたのが、

単独で、発売されて、表紙にもイラストがあり、楽しげです。

みどりの小鳥―イタリア民話選 (岩波世界児童文学集)みどりの小鳥―イタリア民話選 (岩波世界児童文学集)
イータロ・カルヴィーノ ルッツァーティー

岩波書店 2003-05-22
売り上げランキング : 191041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも、愛蔵版のほうが、中のイラストがカラーなのです。
表紙は、上記のような柄です。

どちらを選ぶか迷うところですね。

   ~ここまで、2011.10.1の記事です。~

追記:
5年生に読んでみました。

恐ろしい話(少しだけ、それほどでもないよ)という項から

「怖いものなしのジョヴァンニン」

誰も泊まれない屋敷に、怖いものなしのジョヴァンニンが泊まって、

どうなったかというお話。

片腕が落ちてきて・・などグロテスクな感じですが、

まるで棒切れのようなイメージで、怖くありません。

挿絵もなんとなく、ユーモアがあります。

関連記事

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP