家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「ゆびぬきの夏」
 
 
【2013/02/21 11:41】
 
 
絶版になっていた本が、新訳で復刊しました。
アメリカの農場に暮らす少女の楽しいお話です。

「指ぬきの夏」 エリザベス・エンライト作/絵 岩波少年文庫
指ぬきの夏 (岩波少年文庫)指ぬきの夏 (岩波少年文庫)
エリザベス・エンライト

岩波書店 2009-06-16
売り上げランキング : 694406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガーネットは、ある日、川で、銀の指ぬきをみつけます。

その日から、いろいろなことがおこります。

それも、いいことばかりなのです。

指ぬきは、いいことがあるしるしなのです。

ガーネットになって、のびのびと読める本です。


小学校5・6年生におすすめです。
同年齢が気になる世代なので。
そして、夏に読むのがおすすめです。

同じ作者の本で、「土曜日はお楽しみ」という本があります。
紹介文は、こちら→


土曜日はお楽しみ (岩波少年文庫)土曜日はお楽しみ (岩波少年文庫)
エリザベス・エンライト

岩波書店 2010-12-17
売り上げランキング : 578655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前は、ベネッセから「ゆびぬきの夏」という題で、出版されてましたが、

絶版になり、もう手に入らないかと思われていましたが、

岩波少年文庫から、新訳で「指ぬきの夏」として発売されました。

とても、うれしいことです。


訳を読み比べてみたのですが、

それぞれ訳者の個性が出ていて、両方いいです。

新訳のほうが、言葉をよりやさしく表現している感じがします。


ここからは、一般の翻訳本に対しての感想です。

文章がやさしいというのは、子供向けにということで
そのことがいい場合もあり、悪い場合ありです。


最近の児童書にはありがちな、
よりわかりやすく、より簡単にという風潮でしょうか。

むずかしい言葉を使うと、子どもたちが読まないと思うのでしょうか。

味わいや、深さは、多少意味がわからなくても伝わるのではないでしょうか。


代える必要のない訳は、代えずにできないのかな。

出版社の垣根を越えて、いい訳は残していく方向でできないものかと、

今まで見てきた絵本や、児童書の中で、そう感じたものがありました。

誰のための本なのか、その行いは、誠意あるものなのか。

売るためのの発想から、質の良い本を子どもたちに届ける体制へ。

良い絵本を残していく使命を果たして欲しいものです。

2011.8.21の記事に加筆
関連記事

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。