家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「フランチェスコとフランチェスカ」
 
 
【2016/03/12 11:33】
 
 
三大カーニバルの一つ、ヴェネツィアカーニバルというのを、TVで見て、
この本を思い出しました。

「フランチェスコとフランチェスカ」 ベティーナさく・え わたなべしげお やく 福音館書店


こちらは、イタリア ミラノのカーニバルで、ヴェネツィアより一週間ほど遅く開催するそうです。

ヴェネツィアが復活祭の時期に行われのに対し、4世紀ミラノの司教が巡礼から帰ってくるのを待って
行われたからだそうで、そのころと変わらずこの時期に行われているのは歴史を感じます。

さて、カーニバルは、仮装や、仮面をして参加します。
これは、身分など関係なく参加できるということらしく、

この物語の少年フランチェスコも、靴を買うことができない、困窮した家庭でした。

でも、偶然知り合ったフランチェスカとの出会いにより、変わっていきます。

カーニバルの日、はめをはずして、大いに大騒ぎしている様子が楽しげに描かれていますが、

年恰好の似た少年に声を掛けられて、あっという間に、フランチェスコは、暗い地下室に閉じ込められてしまいます。

どうやって、助けられたかは、本をご覧くださいね、素敵なことが待っています。


物語の中で、カーニバルが行われる場所、ミラノの広場ですが、
カーニバルを調べてみたら、挿絵にある教会をみつけました。

milan-883761_640_convert_20160312111826.jpg

ミラノの大聖堂ドゥオーモ 500年かけて製作された ゴシック建築



この児童書は、現在出版されてますが、

限定出版なので、またいつか無くなるのかと思うと残念です。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP