家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ジャングル・ブック」
 
 
【2015/11/30 20:49】
 
 
ジャングル・ブック (岩波少年文庫)ジャングル・ブック (岩波少年文庫)
ラドヤード・キプリング 五十嵐 大介

岩波書店 2015-05-16
売り上げランキング : 321529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前、角川文庫版で西川孝次:訳を読んだことはあったのですが、

新訳が出たので、何年かぶりかに読みました。

おもしろい、そしてかっこいい。

きびきびとして、無駄のない文章。

オオカミに育てられた少年、モウグリの眼を通して、ジャングルの様子、
人間たちの様子(こちらはひどくばかげて見える)を見ます。

ヒグマのバルーから教わるたくさんの掟に、モウグリは飽き飽きしますが、
実際、猿に襲われ連れ去られたとき、この掟が大変役に立ちます。

そうやって、モウグリは、経験し、頼もしいぐらいに成長していきます。

大きくなって、自分をジャングルに追いやった因縁の虎シア・カーンとの
戦いに向かうのです。


ジャングルは、厳しい世界です、死と隣りあわせなので、
文章からも、その厳しさが伝わってきます。


掟がないのは、猿だけです。無秩序で、リーダーもなく、
ジャングルの嫌われものです。
ジャングルの動物も関わらないようにしています。
でも、猿は、注目してほしいのです、いつもその機会を狙っています。

そんな様子は、人間界にもある。

そして、物語の中で、猿よりも、ひどいのは人間でした。
本当に、同じ人間ながら、そういう行動をとってしまうのは仕方ないにしろ、
情けないです。

今回は、ジャングル・ブックの中でもモウグリが出てきたお話だけを集めたようですが、

話の時系列がバラバラなのが少し気になりました。

他のお話が入っていたら、気にならなかったのではないかなと、思いました。

他のお話もいいので、ぜひ、2冊目を出してほしいです。

テーマ:中学生にオススメ - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP