FC2ブログ
家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「ほしになったりゅうのきば」
 
 
【2012/01/05 12:48】
 
 
2012年は、たつ年ですね。

年の初めは、この一冊から。
ほしになったりゅうのきば―中国民話ほしになったりゅうのきば―中国民話
君島 久子 赤羽 末吉

福音館書店 1976-01
売り上げランキング : 20408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


二匹の兄弟龍が、些細なことで、けんかをはじめ、

 北から、南へと、暴れまわり、とうとう天がさけてしまいます。

そして、人々の上に、たたきつけるような雨が降り続けるのです。

 
 石から、出来てた赤ん坊を

子どものいなかった老夫婦が育てることにしました。

   そして、名前を、サン(英雄)と名づけました。

大きくなったサンは、龍が作った天の裂け目を

         繕うには、どうしたらよいのか、

 ライロン山のひげの老人をたずねることにしました。

それは、遠い道のりでした。



老人から、クマ王の三人娘の誰かを、嫁にもらい繕ってもらえと言われます。

クマ王の娘は、鹿に乗った姫、牛に乗った姫とあらわれますが、

  どちらの姫も天をつくろってくれそうにありません。

 そうして、現れたのが、羊に乗った姫でした。

サンは、その白姫といっしょに天を繕いにでかけるのです。

天を繕うには、さらに苦労があります・・・


雄大な、中国の広さを感じさせる絵本です。

                    
この絵本は、1963年に初版されたときは、縦長のこどものともシリーズと同じサイズでした。
1975年までその形でしたが、1976年に横長の大型で出版しました。
当時横長にすることはきわめてめずらしいことで、画期的なことだったようです。
そして、「スーホーの白い馬」が大ヒットし、
続けてこの「ほしになったりゅうのきば」を出版したようです。

絵本は、大きいほうが、見やすく特にこういう雄大な話は、
スーホーのように広さを感じられていいのですが、
あまりにも斬新に省略しすぎて、子どもには不親切な絵になった
ページもあります。

例えば、ひげ老人のひげは、とても長いのですが、
新版では、頭は、右ページにあり、途中からのひげは、左ページにあります。
大人は、わかっても、子どもには、すぐにそれが、
繋がっているとは、認識できないと思います。

旧版では、1ページに、長いひげを表しています。

旧版は、いかにもさらさらと描かれてますが、
言いたいことが前面にでてきて、ごつごつとした昔話の雰囲気が伝わってきます。

新版も、丁寧に描かれていて魅力的です。

あとは、各々のお好みですね。
旧版を見る機会があったら、ぜひ、比べてみてください。

P9220052.jpg


2006.9.22修正・追加

2011.1.5 訂正

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP