家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「鬼のうで」
 
 
【2011/02/18 20:39】
 
 
「鬼のうで」復刊しました!

また、いつ無くなるかわからないので、
気になった方は、購入をおすすめします!

以下、2007・11・1の記事です。少し訂正してます。

6年生に読み聞かせした絵本です。
(5年生でも読みましたが、しんとして聞き入っていました)
どんよりと、雨がふりそうで、ふらない天気。
こんな日に、読むと雰囲気が出ます。
鬼のうで鬼のうで
赤羽 末吉

偕成社 1976-01
売り上げランキング : 297941
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在、絶版なのがなんとも、もったいないのですが、
一度は、耳にしたことがあるではないでしょうか?
羅生門で、鬼が捕られた腕を、取り返しにやって来るというお話です。

源頼光(みなもとのらいこう)が酒呑童子を退治に行きます。
ところが、その中の一匹の鬼を取り逃がしてしまいます。

その鬼が、羅生門で女をさらう、その数、百人。
そこで、頼光の家来で、一番強い渡辺綱が鬼退治へ。

羅生門では、なまぬるい風と、ぽつーんと降って、止む雨。
鬼のお出ましかと、身構えるも、待ても待っても出て来ない。
怖気づいたかと、ばかりにからからと、笑う綱。

油断した綱に襲い掛かる鬼、
この場面は、画面いっぱいの鬼の姿が、圧巻です。

しかし綱は、なんとか鬼の腕を切り落とし、持ち帰ろうとするのですが、
このときは、失敗します。
そのあと、頼光が病気になり、鬼のたたりといわれます。
そこで、再び、鬼退治へと出掛けます。

今度は鬼のうでを切り、持ち帰ります。
鬼は、腕を取り返そうと策略を練ります。

人間と鬼との戦いの結末は、いかに。


鬼との知恵比べや、化かしあいなど、おもしろい展開があります。

絵と文は、「スーホーの白い馬」「大工と鬼六」などで有名な、
赤羽末吉です。
鬼六と同じく昔話の絵は、迫力があります。

怖いお話かと思えば、小首をかしげて悩む鬼の姿など、
どこかユーモラスです。

どばっと血をふいた。など生々しい表現もありますが、
鬼を退治するのですから、すっきりとした言葉は、必要です。
三匹のこぶたが、敵の狼と仲良くするお話など、
後味が悪く、いつまでも、引きづるではないですか。(おちおち眠れない)

悪は、悪。すっきり倒さなくては!

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「お姫さまとゴブリンの物語」
 
 
【2011/02/10 09:35】
 
 
前回に続き、マクドナルド作の作品のご紹介です。

icon
iconセブンネットショッピングにジャンプします、送料無料で、セブンイレブンで受け取れて便利です。

内容は、お姫さまを狙う地下世界のゴブリンと

お姫さまを守る鉱夫のカーディとの戦いを軸に、

お姫さまとひいひいおばあさまとの関係が織りなすお話です。

前回の作品「かるいおひめさま」の中にある「昼の少年と夜の少女」と同じで、
  作者は、昼の世界と、夜の世界に関心があるようです。


この物語で、特に惹かれたのは、このひいひいおばあさま。

見た目は、とても若いのい、その髪の毛は白く、その目は、深い知恵にあふれている。

いったいどんな女性なのか、わくわくします。

別の場面では、

天国のような美しい部屋にいて、

髪は、豊かな金色に輝いて、あとからあとから、流れ出ているように見え、

床にとどく前に、もやになって消えている・・・。

作者は、「不思議な国のアリス」のルイス・キャロルと同世代。

そんな時代に当然、CGなどなく、想像力だけでここまで書けるなんてすごい。

すっかりこの女性に惹かれてしまいました。

また、ピンチになると必ず助けてもらえるという強い見方です。

(最初は、いばらひめのように、悪い魔女かと思いましたが・・)


アイリーン姫が、カーディにこのおばあさまの存在を教えるのですが、

信じてもらえません。姫には、見えるものがカーディには見えないのですから仕方ないですが。

そんな、お姫様に、おばあさまは、

「人は自分に信じられることを信じるしかできないものよ。そしてね、たくさん信じることのできる人は、
  少ししか信じられない人に寛大でなくちゃいけないわ。」

世の中は、唯物論(見たものしか信じない)が多いですが、目に見えない存在もしっかり心に留めておきたいです。

実は、今回この本を読むのは、2度目なのですが、なぜかストーリーを思い出せず、

読みながら、そうそうそうだった、と思いながら読みました。

物語の進行だけでなく、作者の考えや訴えたいもの、そんなことも考えながらじっくり読めました。

自分も少しは、成長したのかな~。

多分、おばあさまが糸紡ぎをしていて、その糸が重要だったりしたから、

興味を持って、しっかり読んだのかもしれません。(糸紡ぎをやるようになったから)

表紙の絵と、中の挿絵は、違います。好きな漫画家さんですが、中の挿絵のほうが雰囲気があってます。
お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))
お姫さまとゴブリンの物語 (岩波少年文庫 (108))ジョージ・マクドナルド アーサー・ヒューズ

岩波書店 2003-05-16
売り上げランキング : 338541


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾンをご利用の方は、こちらから。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「はんじさん」
 
 
【2011/02/08 12:35】
 
 
復刊ドットコムに登録しました。

応援していただける方がいらっしゃったら、うれしいです。

私も持っていないので、ぜひ欲しい絵本です。



とても、印象的な絵本です。

みんなが本当のことを言っているのに、

そんなことあるはずがないと言って受け入れない。

こんな大人いますよね。


最後は、本当だったことが身にしみてわかります。


小学校の読み聞かせにも向きます。

ぜひ、復刊を応援して欲しい絵本です。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP