家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「ムーミン谷の仲間たち」
 
 
【2010/09/10 16:41】
 
 
短編集ですが、ひとつひとつが、

  とてもずっしりしています。

キャラクターとして、ゆうめいなムーミンですが、

他にも、個性豊かなキャラクターがたくさんいます。

その脇役をメインに書いた短編集です。

最初のお話は、スナフキンです。

スナフキンは、いつも旅をしています、

そして、春になると冬眠から覚めたムーミントロールに会いに行きます。

その途中に、スナフキンは歌を思いつきそうだったのですが、

それを”はい虫”に邪魔されてしまいます。

気分を害してしまったスナフキンは思います。

「-もしぼくが、旅のことを人に話したら ー 旅がほんとうにどうだったか思い出すとき、
    ただ自分のした話を思い出すだけじゃないか。」

そうそう、そういうことってあるよね。

この本には、そういう共感する部分があって、大人が読んでもおもしろいです。

ほかにも、「この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ」も考えさせられます。

一癖も、ふたくせもある住人たち。

確かに変わってるけど、そこが人間味あふれる感じです(人間ではないけど)

ムーミンのほかのシリーズに、何気なく出ているキャラクターたちのことを、

深く知ることができる本です。



スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。