家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「エーミルのクリスマス・パーティー」
 
 
【2009/12/10 09:38】
 
 
いたずらっ子エーミルの楽しいクリスマス
エーミルのクリスマス・パーティー (せかいのどうわシリーズ)エーミルのクリスマス・パーティー (せかいのどうわシリーズ)
アストリッド リンドグレーン ビヨーン ベリイ

岩波書店 1994-01-25
売り上げランキング : 657849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「エーミルと小さなイーダ」と、

   「エーミルのいたずら325番」

エーミルくんが、三度の登場です。

いたずらのつもりでなくても、

   いたずらになって、怒られてしまう、エーミル。

スウェーデンのレンネベリア村に住むエーミルの農場で

  クリスマスの前の日曜日に、パーティーをします。

先生もやってきて、子どもたちといっしょに雪合戦をはじめました。

そこへ、お父さんがやってきて、

エーミルをしかろうと大きく口を開けたとき、

 ちょうど、エーミルの投げた雪玉がすっぽりと口にはまってしまいます。

それとは、気がつかずに、遊び続けるエーミル。

 「あー、あー」としか言えないお父さん、

     それでもエーミルを捕まえて、いつもの作業小屋にほうりこみます。

でも、パーティーには、ちゃんと呼ばれましたよ。

それからは、楽しい、心暖まるお話になってます。

作者のリンドグレーンのしゃれの利いた楽しい物語です。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「みつけたものとさわったもの」
 
 
【2009/12/01 10:00】
 
 
いったい、どっちのもの?
みつけたものとさわったものみつけたものとさわったもの
Nicolas Mordvinoff 晴海 耕平

童話館出版 1997-11
売り上げランキング : 559037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お話は、をみつけた二匹の犬が、

この骨は、

    ”先にみつけたものの物”なのか、

        ”先にさわったものの物”なのかで、もめます。

色々な動物に相談しますが、

  結局どうするのが一番いいのか、

         真理をついているのではないでしょうか。

せっかく見つけた埋蔵金も、地主のものか、見つけた者の物か、

よくもめてますよねー。そんな感じです。




さて、同じ作者が描いた絵本で、

       残念ながら、絶版となっている作品があります。

   「クリスマスのうさぎさん」です。
 
クリスマスには、絶対おすすめなので、

「復刊ドットコム」に登録してますので、応援をお願いします。



いつか、定番の絵本となるように、願うばかりです

下記、クリックするとアマゾンにジャンプして、
絵本の表紙画像を見ることができます♪


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP