FC2ブログ
家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「歯いしゃのチュー先生」
 
 
【2007/06/01 10:09】
 
 
動物たちの名医チュー先生のお話です。
歯いしゃのチュー先生
ウィリアム・スタイグぶんとえ / うつみ まおやく
評論社 (1991.5)
通常24時間以内に発送します。

小さい動物から、大きい動物まで、どんな動物の歯も治療する
   歯医者のチュー先生。

でも、さすがに、ねずみですから、猫や危険な動物は、お断りです。

そこへ、虫歯になって困っているきつねがやってきます。

断るチュー先生ですが、やさしいチュー先生の奥さんが、
      治療してあげましょうよ。と言います。

ところが、相手はきつねです。
   おいしそうなねずみが口の中にいることに、
         歯が痛いのも忘れて、食べたくなってしまいます。

そんな様子を見て、不安になるチュー先生。

  さて、どうやってこの危機を切り抜けるか。見ものです。

小学校4年生の読み聞かせで読んだのですが、
    クライマックスに、何?なに?! 読み終わって、ほっとした笑顔が見えました。

以前低学年に読んだときは、一瞬なにが起きたのか理解できない感じでした。

  一度、手にとって読んでみてください。おもしろいですよ。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP