家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「またもりへ」
 
 
【2007/05/26 10:02】
 
 
「もりのなか」の男の子が再び、もりへ・・
  続編のようですが、全然違う内容です。
また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
まさき るりこ

福音館書店 1969-03
売り上げランキング : 85171
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男の子が、森の中から、がやがやと言う声に誘われて、また森の中に入っていきます。

すると、動物たちが自分の得意なことを見せ合って、
    誰が一番いいか、腕比べしていたところでした。

男の子は、呼び出し係をすることになりました。

そして、それぞれの得意の技をやって見せます。
   キリンは、首を長く長く伸ばしました。
   ライオンは、ものすごい声でほえました。
   サルは、枝からしっぽでぶら下がりました。という具合です。

動物たちが、得意技をやるたびに、年取った象が
  「よろしい、なかなかよろしい」と言います。

わざ、と言っても特別なことではありませんが、
    他の動物たちには、むずかしいことばかりで、
       とってもすごいわざに見えてしまいます。

そして、最後に男の子が逆立ちをして、鼻で、ピーナッツをつまもうとしますが、
    おかしくなって、笑ってしまいます。

それを見た動物たちは、びっくり。「これはいい!」
  だって、動物は誰も、笑うことができないのです。

そうして、楽しく過ごしたあと、お父さんが迎えにやってきます。
   そして言います。
「お父さんだって、他に何もできなくてもいいから、お前のように笑ってみたいよ」
  大人には、響く言葉です。

一つ一つの技に、「よろしい、なかなかよろしい」という象のことば。
  いいですよね。子どもたちにもぜひ、声かけしたい、ことばです。

何もできなくてもいいから、子どもは、
    元気で、笑っていて欲しい。親の共通の願いでは、ないでしょうか。

  とはいえ、他の子と比べたり、怒ったり、反省の日々です。
   
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「もりのなか」
 
 
【2007/05/25 09:17】
 
 
静かな、森の中での楽しい時間。
もりのなかもりのなか
マリー・ホール・エッツ まさき るりこ

福音館書店 1963-12
売り上げランキング : 18764
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男の子が森に散歩に出掛けました。
  そこでであったのは、ライオン、象、熊、カンガルーなどなど。

みんな男の子の後を追って、ぞろぞろと行列になります。

黒一色で描かれた世界は、大人には、とても静かな世界に感じますが、
  子どもには、大好きな動物たちが次から次に出てきて、
     主人公の男の子についてくる動物たちの様子を、男の子になって、楽しむはずです。

だって、昼寝をしていたライオンが髪をとかしたり、
  サルがよそ行きの洋服をいそいそと着ている姿など、
    ありえないけど、ありそうで、とても、楽しく愉快です。

子ども(大人も!)なぜか、行列が大好きです。
  横長の絵本見開きを使って、男の子と動物たちが並んで歩く姿は楽しそうです。

動物たちと、最後にかくれんぼをします。
  そこで、動物たちは、一匹もいなくなりますが、
     お父さんが迎えにやってきます。

がっかりしている男の子にお父さんは、
  「また今度まで待っててくれるよ」と言ってくれます。

そこで、男の子は、「また今度散歩の来たときさがすからね!」と言います。

見ている子どもたちは、この言葉に、
  もう一度この絵本を読んで、もう一度動物たちと楽しむのです。
     そうやって、何度も何度も、読みたくなる絵本です。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。