家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
「アーサー・ランサムのロシア昔話」
 
 
【2013/03/01 13:02】
 
 
ロシアの昔話が、

  アーサー・ランサムという作家の語りでよみがえる。
アーサー・ランサムのロシア昔話アーサー・ランサムのロシア昔話
フェイス ジャックス

白水社 2009-04
売り上げランキング : 1065742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この中の「鳥とけものの戦争」は、

ロシアの昔話では、おなじみのイワンという青年が主役で、

題名にあるように、鳥と獣がささいなことからけんかを始めます。

お互いに傷を負い争いが終わります。

そんな中、火の鳥を助けたイワンは、火の鳥の妹、小さな王女にであいます。

鳥と獣は、境なく地上で暮らしていましたが、

この戦いのあと、別々のところに住むようになり、戦うこともなくなったそうです。

火の鳥がでてくるところなど、昔話らしいお話です。


「白鳥の王女」は、日本の「鶴の恩返し」に似ています。

ただ、いなくなる様子が、違います。

白鳥の群れから、いっしょに行こうと誘われるのです。

父親、母親、兄と声をかけられても、


「小さな息子も、愛する夫もいますから」と断るのに、

元彼から声をかけられたときに、彼女は、飛び立とうとします。

しかし、イワン王子(夫)は、彼女をしっかりつかまえます。

彼女は、「あなたが私をつかまえたりしなかったら・・・。」

白鳥のときに、イワン王子に捕まったことを苦言します。

でも、その後は、幸せに暮らしたそうです・・・。



「高価な指輪」は、遺産の指輪と妹を取り返すために苦労する三兄弟の話です。

『馬鹿息子には遺産をわたすな。なんのためにならないからな』

という、母親の言葉がポイントでしょうか。


「貧すれば貧するという話」は、「金の卵を産むがちょう」と似ています。

毎週一枚の金貨が出てくるお椀をもらった夫婦。

それで満足すればよかったのですが、

「人間の心というものは・・・きりもなく金をほしがる。」という

言葉が、なんとも重く心にのしかかります。



「兵隊と死神」 悪魔にも、死神にも恐れられ、天国にも入れなくなったいきさつとは。



「二人の兄弟」 浦島太郎のように、3本のろうそくが燃え尽きると、300年過ぎていた。

しかし、地上をさまようことなく、仲の良い兄弟がちゃんと呼んでくれた。

『生きている人たちが不幸なのは、正しい生き方を知らないからだよ。』

では、正しい生き方とは?

『金持ちも貧乏人もなく、強い者も弱い者もいない、
        だれもがみな、おたがいを兄弟とよぶ。』

しかし、これは、いまだにできていない、

最後に物語は、この言葉で終わっている。

『ろうそくが一本も燃えつきるごとに、この世界は、百歳年をとる。

     しかし、ちっとも賢くなっていない。』

昔話という伝承に、アーサー・ランサムの深い言葉が加わり、
心理的に深い内容となっています。



アーサー・ランサムの作品で、下記の本もあります。

「ピーターおじさんのロシアの昔話」
ピーターおじいさんの昔話ピーターおじいさんの昔話
ドミトリ・ミトローヒン

パピルス 1994-09
売り上げランキング : 784133
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほかに、絵本があります。

「空とぶ船と世界一のばか」
icon
icon
ばか・・とは、ストレートですが、

仲間のおかげで、助かるお話です。

2010.3.1の記事に、加筆して画像を入れ替えました。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「アジアの昔話」
 
 
【2012/12/13 18:40】
 
 
近くて遠いアジア。

アジア人のアジア人による、アジア人のためのはじめての本。
子どもに語る アジアの昔話〈1〉子どもに語る アジアの昔話〈1〉
松岡 享子

こぐま社 1997-02
売り上げランキング : 349652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本は、ユネスコの国際図書年に、

「アジアの人びとがおたがいをもっと理解しあって平和に暮らしてゆくため、
アジア人のために共通読み物を、アジア人の手でつくろう」

という思いから始まった本です。


以前は、福音館書店から、6冊出版されていましたが、絶版になり、

現在は、6冊の中から抜粋してこぐま社から、2冊出版されています。


バングラディッシュ、アフガニスタン、フィリピン、イラン、マレーシアなどなど、

様々なアジアの国の昔話が入っています。

そのお国柄なのでしょうか、ゆかいな話や、せつない話など、こちらも様々。

特におもしろいのは、「かしこすぎた大臣
まるまるふとったばかな王さまと
ひょろひょろにやせた、かしこい大臣のお話です。

いのししを初めてみた王さま、
大臣に「これはなんという生き物じゃ?」と聞きます。
大臣は「陛下のゾウ小屋のゾウです。
係りがきちんとえさをやらなかったので、このような姿になりました。」と答え、
ゾウに十分食べさせるためという名目で、お金をたくさん引き出します。
そして、係りの人は、ひどい目にあってしまいます。

という具合に、おばかな王さまをいいように利用します。
とても、理不尽なことです。
ところが、題名にあるように”かしこすぎた”ため、
大変なことになってしまうのです。


「ちっちゃなゴキブリのぺっぴんさん」(イラン)なんとも惹かれる題名です。
 日本のねずみの婿探しのような話で、動物なぜ話になっています。

「カオ兄弟の物語」(ベトナム)昔話にはめずらしい、悲恋物語です。

どれも読むと、とても印象に残るお話が多いです。

アジアの色々な国のことを考えながら読んでみるのも楽しいです。

アジアの世界にひたってみませんか?


旧版では、カラーの挿絵が付いていました。その国の方が描かれていて、

その国らしい絵が添えられていましたが、

新版では、物語の最初のページに白黒の絵があるだけになりました。

そりゃあ中には、挿絵がないほうがイメージがこわれずいい、というものもありますが、
この挿絵は、カラーで全部みたいよねーというのもあります。

そしてなにより、いけないのが、字のサイズが小さくなっていることと、
ルビが全部についていないこと。
子どもにどちらがいい?と、新旧2冊を見せると、
上記の理由で、旧版のほうがいいとのこと、
4年生ですら、すべてに振り仮名が欲しいのです。
学力低下を気にするならこういうことも、気にして欲しいものです。

再販に対する不満はありますが、
なにより、この本が無くならなかったことに感謝します。

たくさんの子どもたちが、アジアの国々を知るきっかけになればいいなと思います。

2006.4月 と
2011.7月 に、書いた記事を、あわせてみました。
当時のままの文章なので、文体が統一していないです。
それも、おもしろいかなと。

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
やぎと少年
 
 
【2012/09/17 22:24】
 
 
ポーランドの昔話風お話集です。
やぎと少年 (岩波の愛蔵版)やぎと少年 (岩波の愛蔵版)
I.B.シンガー モーリス・センダック

岩波書店 1979-11-26
売り上げランキング : 314607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

I・B・シンガーによる愉快なお話や、いいお話が入っています。

挿絵は、「かいじゅうのいるところ」のセンダックが描いています。

一度、読まれてみてください。



さて、この本のあとがきに、気になる文章があります。

シンガーは、故郷ポーランドを出て、アメリカに亡命し、

小説を書き、ノーベル賞をもらいます。

ところが、ポーランドでは、ポーランド語を使うアメリカ人としか取り上げられず、

故郷に、錦を飾っていない旨が書かれていました。

シンガーは、ポーランドを愛していて

ポーランドの古い言語を使って小説を書くくらい故郷への想いが強い方です。

それなのに、故郷のほうは、全然なんて、悲しすぎます。



最近、ポーランド人のピアニストの方にお会いする機会があり、

この本を持って行き、シンガーをご存知ですかと、伺いました。

すると、とても有名です。とお答えいただけました。

もう、それだけで十分でした。

時は、流れて、ちゃんと大切にされていることがわかって、

とても、嬉しかったです。


作者のまえがきより

わたくしは、(おとなになる機会を持てなかったおおぜいの子供たち)にこの本を捧げます。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
隊商
 
 
【2012/08/18 12:07】
 
 
ハウフ童話集の色々
隊商 (偕成社文庫 3058 ハウフ童話全集 1)隊商 (偕成社文庫 3058 ハウフ童話全集 1)
ヴィルヘルム ハウフ 難波 淳郎

偕成社 1977-10
売り上げランキング : 1087026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

訳者は、塩谷太郎です。



様々な出版社から出版されているので、迷うところですが、

一番おすすめは、偕成社文庫です。

訳がとても良いです。挿絵がちょっと残念ですが・・。

挿絵は、岩波少年文庫かな。

福音館のは、ちょっときれいすぎるというか、

絵画を見ているようで、かしこまりすぎかな。

その点、岩波のは、気軽に書かれた感じが物語りにマッチしています。


ハウフの作品にはまってよく読んでいたのが、何年も前になるので、

記憶があいまいなので、今回ちょっと見比べてみました。

偕成社
「カリフは、自分では読めなくても、むかしの書き物を図書館にしまっておくのがすきだったので・・・」

岩波
「読むことはできなくても、好んで古文書を文庫に持っていたカリフは・・・」

福音館
「カリフは、図書室に古文書を、たとえ読めなくても、集めるのが好きでした。」

同じ文章を訳したものですが、印象が変わります。

偕成社の古文書を、むかしの書き物と訳したりして、

全体の訳がそんな感じで、わかりやすく読みやすいです。

知らない言葉を知る機会にもなるでしょうが、この本を読む年齢の子が、

気持ちよくすらすらと楽しむためにも、多少わかりやすくする必要もあると思います。
(あまり幼くしすぎるのは失礼ですが)


物語は、アラビアンナイトのような魅力的なお話が多いです。

「コウノトリになったカリフの話」のようなおもしろいお話もありますが、

「ゆうれい船の話」のようなこわい話もあります。

どれも、印象的な話で、記憶に残ります。


ちなみに、偕成社文庫は、シリーズ3冊ありますが、
この1冊目が、一番印象的です。

福音館書店の本には、3冊分がすべて入っています。

隊商―キャラバン (岩波少年文庫 (2081))隊商―キャラバン (岩波少年文庫 (2081))
ハウフ ヨーゼフ・ヘーゲンバルト

岩波書店 1977-04-26
売り上げランキング : 534356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



冷たい心臓―ハウフ童話集 (福音館古典童話シリーズ (38))
冷たい心臓―ハウフ童話集 (福音館古典童話シリーズ (38))ヴィルヘルム・ハウフ テオドル・ヴェーバー

福音館書店 2001-09-25
売り上げランキング : 489066


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「みどりの小鳥」 イタリア民話選」
 
 
【2012/07/12 09:24】
 
 
国によって昔話は、雰囲気が違います。
みどりの小鳥―イタリア民話選みどりの小鳥―イタリア民話選
イタロ・カルヴィーノ ルッツァーティー

岩波書店 1989-09
売り上げランキング : 590089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イタリアの国民性でしょうか。明るい作品が多いです。

短いお話から、長いお話、

小さな子どものための話、女の子のための話、

恐ろしい話(少しだけ、それほどでもないよ)・・・・など、

話の内容で、分けられていますので、

お子さんに合わせて、お話を選ぶのに便利です。


岩波愛蔵版から、岩波世界文学集の一冊に入っていたのが、

単独で、発売されて、表紙にもイラストがあり、楽しげです。

みどりの小鳥―イタリア民話選 (岩波世界児童文学集)みどりの小鳥―イタリア民話選 (岩波世界児童文学集)
イータロ・カルヴィーノ ルッツァーティー

岩波書店 2003-05-22
売り上げランキング : 191041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも、愛蔵版のほうが、中のイラストがカラーなのです。
表紙は、上記のような柄です。

どちらを選ぶか迷うところですね。

   ~ここまで、2011.10.1の記事です。~

追記:
5年生に読んでみました。

恐ろしい話(少しだけ、それほどでもないよ)という項から

「怖いものなしのジョヴァンニン」

誰も泊まれない屋敷に、怖いものなしのジョヴァンニンが泊まって、

どうなったかというお話。

片腕が落ちてきて・・などグロテスクな感じですが、

まるで棒切れのようなイメージで、怖くありません。

挿絵もなんとなく、ユーモアがあります。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP