家庭文庫をやっています。ぶんこにある絵本・児童書の紹介ブログです。
 
 
 
 
2017年 鳥の絵本 2
 
 
【2017/01/17 09:27】
 
 
酉年にちなんで、鳥の出てくる絵本集めてみました、第二弾


「がちょうのペチューニア」
鳥っと言って最初に思い出したのがペチューニアです。

この愛すべきがちょうの繰り広げられるお話が、可愛くて面白い。

その第一作目がこちら、以前の出版社では「おばかなペチューニア」という題名だったのもうなずける内容です。

他にも、ペチューニアシリーズがあります が 品切れも多いようです。
















「こすずめのぼうけん」
自分にぴったりの巣をみつける冒険をする雀の子のお話です。

最後には、ほっとするので、見ている子もほっと安心します。



「ちゃぼのバンタム」
体の小さなちゃぼが、実はとっても勇気があり、行動力もあるという
見ていて、勇気の持てる本です。


「ブレーメンのおんがくたい」
ご存じグリムのお話を、「こねこのぴっち」のフィッシャーが描いています。
作者の子どもに、語りながら描いているので、
子どもを楽しませようとする父親の姿を感じます。



「かもさんおとおり」
鴨の絵はとても写実的ですが、表情豊かで、愉快です。
巣作りの場所探しから、子育てをするために大移動をする様子を、
とても楽しく見ることができます。


「ひよこのかずはかぞえるな」
卵を売りに行く途中、儲けたお金で何を買おうかと妄想が膨らみますが、
妄想が膨らみすぎて…
エッチングで描かれた絵が、不思議な世界を彩っています。



「あひるのピンのぼうけん」
あひるのピンは揚子江の上に浮かぶ船に家族と住んでいました
1日岸辺で過ごした後、船に戻るのですが、1番最後に橋を渡るあひるはムチで叩かれます
ある日ピンは帰るのが遅くなりムチで打たれそうになります。
それがいやで逃げ出してしまいます。
そこからピンの冒険が始まりますピンは、無事船に戻ることができるでしょうか
揚子江の様子や、ピンの慌てる様子など、ゆったりと味わえます。


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
2017年 鳥の絵本 1
 
 
【2017/01/06 10:15】
 
 
2017年 おめでとうございます

今年も、よろしくお願いします(^∇^)ノ

今年は酉年ということで、鳥が登場する絵本を集めてみました

どの絵本もおすすめですので、一度見られてはいかがでしょうかー|д゚)チラッ

まずは、はじめての絵本から


「きいろいことり」 「ふしぎなたまご」
ともに、うさこちゃんシリーズのブルーナの作品です。

小さい子にもわかりやすい絵とストーリーで絵本の導入におすすめです。



「わたしのかわいいめんどり」
たまごから、生まれたひよこがにわとりになる様子が描かれています

そのどの過程においても、大好きがあふれている絵本です。

小さい子が大好きになる絵本です。



「アンガスとあひる」

好奇心旺盛な犬アンガスは、初めてであったあひるに吠えて、

勝ったような気分になるのですが、

あっという間に立場が逆転し、ちょっぴり怖い思いをしてしまいます。

アンガスが、まさに子どもたちの行動と同じで、共感するのではないでしょうか。



「ひよことあひるのこ」

あひると同じことをしようとするひよこ。

でも泳ぐとこだけはできないひよこ。

そこで、自分にできること、できないことがあることを学びます。

短い文章で、大切なメッセジーを伝えています。




#おすすめ絵本 #3才向け絵本 
 
 
 
▲TOP